ロータリー 山形 長井ロータリークラブ

 

 2019〜2020年度
会長 大山 友規憲

この度、2019−2020年度の会長をおおせつかりました大山友規憲です。諸先輩方の功績と伝統を引き継ぎ、時代に合った変革をもたらし未来へ繋げていける様努めて参ります。

今年度RI会長のマーク・ダニエル・マローニー氏は、「ロータリーは世界をつなぐ」をテーマとして、「ロータリーの奉仕を通じて有能で思慮深く、寛大な人々が手を取り合い、行動を起こすためのつながりを築いてまいりましょう。」と提唱しています。又、目標として、持続可能な良い変化を生むために、人びとが手を取り合って行動する世界を目指しています。

同じく、2800地区大久保ガバナーは基本理念として、
元気なクラブづくりのために「ロータリーの木」の苗木を植えましょう
クラブに、地域社会に、世界に、次世代の為に

を掲げられ、それに基づく基本方針を
元気なクラブづくりのために「一歩前に踏み出しましょう」

としています。これは、ガバナーの基本方針の中にもありますが、一番大切な事は各クラブが元気になること、つまり「クラブ活性化」だと考えられているようです。これを実現する為に全会員で検討し、各クラブで大切と思われる奉仕活動の苗木を植える事により、将来に渡り大きな収穫が実る事を信じて進んで参りたいと思います。

当クラブでは2年後に60周年を迎えます。会員の減少が進む中、身の丈に合った組織の運営とそれに伴う規約の改定を行いつつ、伝統あるクラブの60周年に相応しい事業が行える様準備を進めて参りますので、会員の皆様方からのご指導とご協力を宜しくお願い申し上げます。

重点目標

1.例会の充実と回数の向上。

・聞いてみたくなる卓話を企画し、会員の職業等について話して貰う機会を増やしたい。

・例会の実施回数を増やす。

2.親睦を深める。

・他クラブや家族を含めた親睦が深められるような例会や事業を行う。

3.会員の増強と会員維持・退会防止。

・年度開始早々に新入会員セミナーを行い会員維持・退会防止に努める。又、新入会員候補者やそれに類する方も一緒にお招きしてセミナーを受けて貰い会員増強の一助とする。

・2800地区では、9月末までの入会者に対して「新入会員の紹介キャンペーン」として地区大会で登壇し紹介される。栄誉な事でもありますので重点的に増強に努める。

4.持続可能な体制の維持とそれに向けた制度の改革。

・会員の減少による予算の組み方を検討する機会を設ける。

・組織の見直しや細則・内規等の変更を適時行う。

・会報の作成を簡略化し、負担を分散出来るようにする。

5.地区研修協議会での研修内容のクラブへの反映。

・元気なクラブづくりのために研修内容を持ち帰り、各委員会で検討し反映させる。