ロータリー 山形 長井ロータリークラブ

 

 2018〜2019年度
会長 遠藤 伴明

1962年(昭和37年)に創立、承認を受け今日まで多くの先輩により引き継がれてきた伝統ある長井ロータリークラブの会長を務めさせて頂くことになり身の引き締まる思いです。

今年度RI会長のバリー・ラシン氏は「インスピレーションになろう“何かをやろうという気持ちを起こさせる力”」をテーマに掲げました。そして一番大切なのは、前向きな変化を生み出し、私たちが今日直面する課題に勇気と希望、そして創造性をもって正面から立ち向かう意欲を、クラブ、地域社会、そして組織全体から引き出すための「インスピレーション」となる必要があると述べておられます。また2800地区上林ガバナーは基本理念として「ロータリーの原点に戻ろう“BACK TO BASICS”」私達の人生の価値は、どれほど得たではなく、どれほど与えたかによって判断されます。ロータリーバッジを付けた瞬間から世界の方々へ約束した。としてその為に基本方針として「パフォーマー“表現活動者”になろう」と掲げられました。この思いを実現するためには、会員一人ひとりが強い意志をもって価値ある奉仕を行うことが大切と考えます。そのきっかけを作るのが私の務めと考えます。今年一年この思いに応えるべく努力してまいります。
また3年後には長井ロータリークラブは60周年を迎えます。微力ながら次年度,次々年度と協力しながら準備を進めていきたいと思います。会員の皆様のご指導とご協力をよろしくお願い申し上げます。

重点目標

1. 会員増強・会員維持・退会防止

一業種一人を念頭に未だ埋まっていない職業分類表を埋めるべく努力する。(純増2名を目指す)

2. 例会の充実

楽しくそして何かを得られたと思える例会を行う。(出席率のアップ)
会員の職業を理解すべく会員卓話の機会を設ける。

3. 親睦を深める

ロータリアンを育て自らも成長するための土壌となるクラブ内での懇親の場を設ける。(夜例会の実施)

4. 他クラブとの交流

他クラブの周年事業などへの積極的な参加。(多くの知り合いを作り自己研鑽の場とする。また60周年事業の成功につなげる)